西川寝具の専門店|心斎橋西川

寝具のお手入れ

合繊ふとんについて

ポリエステルわた入りふとんの特徴は何ですか?
軽くてかさ高性に優れ、耐久性も良好でしかも衛生的です。加えて、取り扱いが安易で、ふとんの価格もお求めやすく 経済的です。
ポリエステルわた入りふとんは掛けふとんが一般的のようですが、敷きふとんはどうでしょうか?
ポリエステルわたは、軽くてかさ高性に優れた掛けふとん用の他に、繊維が太くてヘタリににくく、弾力性に富んだ敷きふとん用のポリエステルわたがあります。
また、硬わた加工したポリエステルわたも敷きふとん用として使用されています。
ポリエステルわたは、天然繊維とブレンドしてそれぞれの長所を生かしたポリエステル入り綿敷きふとん、ポリエステル入り羊毛ふとんにも多く使われています。
ポリエステルは、水分を吸わないと言われていますが、ムレの心配はないのですか?
ポリエステルの繊維自体は殆ど水分を吸いません。しかし、繊維と繊維の絡みの間から水分を透湿・放湿する作用がありますので、ムレの心配はありません。
ポリエステルわた入りふとんは、軽くても保温性があるのでしょうか?
掛けふとんのシングルサイズで1.8kg~2.0kgの入目量ですが、ふとんの保温性は重さの多少ではなく、綿に含まれる空気の量によって左右されますので、ポリエステルの軽くてかさ高性に優れた性能によって保温性も優れています。
ぜん息患者にポリエステルわた入りのふとんが良いと言われておりますが?
ぜん息にはダニや埃が大敵だと言われております。ポリエステルわたは繊維が強いため「綿ぼこり」を発生しませんので効果があります。
また、ポリエステルわたには、抗菌・防ダニのポリエステルわたも開発されておりますのでご使用をお勧めします。
ポリエステルわたは石油を原料としているので、燃えやすいのではないでしょうか?
ポリエステルわたは一般的に使用されている繊維の中で、羊毛と同様に燃えにくい繊維の一つです。
また、難燃性の高いポリエステルわたも市販されておりますので、業務用とかお年寄りの方々にご使用をお勧めします。
特殊加工された合成繊維わたが市販されていますが、どんなものがあるでしょうか?
  • 【抗菌・防臭】黄色ブドウ球菌などの増殖をおさえ、臭いを防ぎます。
  • 【防ダニ】ダニを寄せ付けません。
  • 【消臭】アンモニア・腐敗臭などの悪臭を消します。
  • 【羽毛タッチ】独特のぬめりがあり、風合い・肌添いなどに優れています。
  • 【吸汗】汗などの水分を吸着します。
  • 【難燃】難燃性を高めたものです。
防ダニ加工、抗菌・防臭加工等のふとんが販売されていますが、どのような方法で加工されていますか。また、どのくらいの期間効果があるのでしょうか?
人体へは無害の薬品で処理されていますのでご安心下さい。
また、加工方法によって有効期間は相違しますが、相当期間効果は持続します。
ポリエステルわた入りのふとんの耐用年数は何年くらいでしょうか?また、打ち直しは出来るのでしょうか?
ふとんの宿命で使用を重ねるとヘタります。ヘタると言うことはかさ高性がなくなると保温性が低下します。
また、汗等の不純物が繊維に付着しますので、耐用年数は約5年位です。打ち直しは出来ないことはありませんが、かさ高性は元通りにはなりません。
性能的にも経済的にも買い換えをお勧めします。
ポリエステルわた入りのふとんも日干しが必要ですか?
日干しをお勧めします。
ポリエステルの繊維自体は殆ど水分を吸いませんが、繊維と繊維の絡みの間から水分を透湿・発散しますので、日干しにより透湿された水分が発散します。また、日干しは殺菌効果が抜群です。
ポリエステルわた入りのふとんの洗濯はどうしたら良いでしょうか?
ご家庭での丸洗いはお避け下さい。丸洗いされる場合は、ふとん店又は丸洗い専門業者へご相談下さい。クリーニングされる場合は、ドライクリーニングと指定してクリーニングに出してください。
ポリエステルわた入りのふとんを購入する際、どんな店に留意したら良いでしょうか。
低価格のふとんはお避けになり、信頼のおけるお店でお買い求め下さい。
また、全国日本寝具寝装品協会が発行している「GFマーク」の付いたふとんをお選び頂くと安心です。
ページトップ